--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/11

やさいらしさ、とは(3)

まちがいだらけの予防接種―子どもを愛するすべての両親へ / 藤井 俊介

 この本には主な予防接種の効能と、必要性が地道に
調べられた統計の数字をもとに書き連ねられています。

 まちがいだらけ、というタイトルからわかるように、
反対派です。

 私自身は全部注射を打っています。そのせいでの
障害というものは持っていません。

 が、子供には打たせていません。

 読後、私はしばらくの間ナチュラリスト気取りに
なっていきました。ちょうど世間では薬害エイズの
被害者の問題がとりざたされていて。予防注射の本
と重なり合う部分がありました。

 その後三種混合ワクチンの廃止や、インフルエン
ザワクチンの効果への疑問性、予防接種は任意で打つ
方向へ変更されている現状を見ると、この本の内容
の正当性が明らかになるんじゃなでしょうか。

 だれも社会では予防接種がよくないなんて、普通
話していません。無知とは恐ろしい一面をもっている
ことを実感した本でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。